給料は高いの?新人看護師の給料とは?

働くということは、
自分の労働力を提供する対価として、
給料を得るということです。

 

国家資格を取得し、
看護師として働き始めた新人看護師も、
慣れないながらも毎日働くことで、給料を得ることが出来ますよね。

 

この給料、どのくらい貰えるのか、
というのはとても気になりますよね。

 

看護師の給料水準は、
一般的に同じ年代の方に比べると高めになると言われています。

 

もちろん、勤務する病院や地域などによっても違いますが、
基本給は概ね20万円程度と言われています。
これに様々な手当がつきます。

 

夜勤や残業があれば、その手当がつくため、
だいたい30万円くらいの月収になり、
年2回のボーナス支給もあるので、初年度は300万円くらいの年収になると言われています。

 

 

 

高い給料をもらえるのなら、
頑張って仕事ができそう。

 

と思うかもしれませんが、
離職する人というのも、実は多いんです。

 

最初は夜勤などはない物の、
徐々に夜勤に入るようになりますが、
これが想像以上に体力的に辛い、精神的に辛いという人も出てきます。

 

 

もちろん、他に理由があるケースもありますが、
新人のうちに離職する人というは、
決して少なくはないんです。

 

給料の高さだけでは、決して仕事をつづけることが出来ない。
ということは分かりますよね?

 

その病院は働きやすいのかということもしっかりとチェックすることが必要です。
病院は勤続年数によって給料が高くなる仕組みもあります、
できるだけ長く勤務した方が、給料も高くなりますよ!